【BE:FIRST】SOTA(ソウタ)のプロフィール!ダンス&振り付けのルーツは?

BE:FIRSTのトップダンサーでもあるSOTA(ソウタ)くん。今回はそんなSOTA(ソウタ)くんのプロフィールや経歴、そして性格や魅力のわかるエピソードをご紹介します。BE:FIRSTの原点でもあるTHE FIRSTでの軌跡や、メンバーとの心温まるやりとりについてもお届けしますので、ぜひご覧ください。

【BE:FIRST】SOTA(ソウタ)のプロフィール!ダンス&振り付けのルーツは?

ハイクオリティなダンスや歌唱力で、ファンを魅了する「BE:FIRST」。

オーディションの時から注目しているというBESTYさんも多いかと思います。

そんな「BE:FIRST」でもダンスや振り付けで大活躍しているのが、SOTA(ソウタ)くん!

今回は、そんなSOTA(ソウタ)くんのプロフィールを大公開。メンバーたちからも認められるダンス&振り付けスキルを持ったSOTA(ソウタ)くんをもっと知りたいという方も、ぜひチェックしてみてください。

created by Rinker
¥80 (2024/07/16 22:57:52時点 Amazon調べ-詳細)

【BE:FIRST】SOTA(ソウタ)くんプロフィールまとめ

名前SOTA(ソウタ)
本名島雄 壮大(しまお そうた)
生年月日2001年1月18日
身長174cm
出身地神奈川県

神奈川県出身のSOTA(ソウタ)くん。家の近くには海があり、そんな地元をとても愛しているとインタビューで語っていたこともありました。

【BE:FIRST】SOTA(ソウタ)くんの家族構成

家族構成は、お父さん・お母さん、そして妹さん。

お母さんはダンススクールの講師をしていて、妹さんもダンサーさんなのだそう。

ワンちゃんも飼っているというにぎやかな家族のようです。

【BE:FIRST】SOTA(ソウタ)くんの経歴

オーディション「THE FIRST」に参加する前から、振付師・ダンサーとして活躍していたというSOTA(ソウタ)くん。

ここでは、そんなSOTA(ソウタ)くんの経歴を、簡単ではありますが改めて見ていきましょう。

9歳の時にダンスを始める

SOTA(ソウタ)くんがダンスを始めたのは、9歳の頃。

ダンスを始めたのは、先述のお母さんの影響だったのだそう。お母さんに聞かせてもらったジャクソン5の『I Want You Back』をキッカケに、自分から「ダンスがしたい」と言ったのだそうです。

中学生でダンスの世界大会へ出場・振付師としてデビュー

「ヒップ・ホップ・ダンス・チャンピオンシップ」という世界的なダンス大会に、13歳で出場したSOTA(ソウタ)くん。結果は6位。14歳の時にも再度挑戦し、その時にも6位となっています。

SOTA(ソウタ)くんは、実は「ヒップ・ホップ・ダンス・チャンピオンシップ」での6位という順位には納得してなかったそう。その悔しさをもとに振付師としての活動をスタートさせます。

KANA-BOON!に所属

SOTA(ソウタ)くんを語る上で欠かせないのがダンスチーム『KANA-BOON!』。なんと4度も優勝をしているとのことで、その実力は折り紙付き。

『KANA-BOON!』のメンバーとして様々なテレビ番組等にも出演していました。

また、インストラクターとして小さなお子さんを教えていたこともあります。

平手友梨奈さんのバックダンサーとしても活動

SOTA(ソウタ)くんはは、平手友梨奈さんの「ダンスの理由」(2020年12月発売)という楽曲というバックダンサー(メインダンサー)も務めていました。

【BE:FIRST】SOTA(ソウタ)くんとTHE FIRST

振付師として、ダンサーとして活躍していたSOTA(ソウタ)くん。

そんなSOTA(ソウタ)くんが新たなステージとして選んだのが、オーディション「THE FIRST」でした。

SOTA(ソウタ)くんは、オーディションを受けた理由を「音楽との距離をもっと近づけたかった」「他人の曲で踊るより自分で作った曲で踊るほうが、音楽の体現者としてかっこいいんじゃないか」と語っています。

そんなSOTA(ソウタ)くんの「THE FIRST」での軌跡を、改めて振り返ってみましょう!

順位まとめ

2次審査6位/30人中
3次審査4位/15人中
合宿クリエイティブ審査1位/12人中
合宿疑似プロ審査1位/11人中
プロアーティスト審査3位/10人中

オーディションの順位でも、おおむね上位に食い込んでいるSOTA(ソウタ)くん。

合宿クリエイティブ審査と合宿疑似プロ審査では1位となっていました。

ダンス力は言わずもがな、オーディションでは振り付けも多く担当しコレオグラファーとしての実力もいかんなく発揮しました。

https://twitter.com/BMSG_official/status/1419628573460103169

オーディションにてSKY-HIさんから言われて一番心に残っている言葉は、「SOTAは一度も芯がブレなかった」ということだそう。

音楽とダンスを愛し、オーディションではメンバーの心のケアも欠かさなかったSOTA(ソウタ)くん。

過去のダンス歴はもちろん、インストラクターとしての経歴も存分に活かされ無事に合格となりました。

【BE:FIRST】SOTA(ソウタ)くんの魅力と性格

晴れてBE:FIRSTのメンバーとなったSOTA(ソウタ)くん。

最後にご紹介するのは、そんなSOTA(ソウタ)くんの性格や魅力が分かるエピソードです。

初心者BESTYさんも、ぜひぜひチェックしてみてくださいね。

真面目な努力家

SOTA(ソウタ)くんは、実は歌を習ったことはなかったのだそう。

ダンスのスキルはもちろん抜群だったのですが、歌唱審査の時にはやや頼りなげな表情を見せることもありました。

ですが、こつこつと練習を積み、ラップやボーカルパートでも綺麗な歌声を披露。

その努力の結晶に、多くのBESTYさんが心を打たれているようです。

折れない心

SOTA(ソウタ)くんは、過去には厳しいダンススクールに通っていたということもあり「並大抵のことじゃ落ち込まない自信がある」と語ったことも。

強くしなやかな心の持ち主であることが、窺えます。

審査の際に「楽しかった」と笑顔を見せていた姿も印象的でしたよね。

どんなにすごくても驕らない

実力も経験も十分なSOTA(ソウタ)くんですが、オーディション時も、そしてBE:FIRSTのメンバーとなった今もあくまで謙虚な姿勢を貫いています。

年下メンバーにも優しく接し、驕ることのないSOTA(ソウタ)くん。

BE:FIRSTとしてインタビューなどを受ける際も、しっかりと周りを見て的確な回答をしているところも見受けられます。

チーム全体を俯瞰で見られるという能力

インストラクターをしていた経験があるためか、チーム全体を見る能力が非常に高いというのもSOTA(ソウタ)くんの魅力です。

合宿審査で「To The First」の振り付けをした際には「俺自身が“かっこいい”と思う振り付け」ではなく、「全員が気持ちよく踊れて、パフォーマンス中に感動できるもの」にこだわったそうです。

機械はちょっぴり苦手?

実は電子機器に弱いという噂が流れているSOTA(ソウタ)くん。

その理由は、オーディション時に、録音でも良いものをビデオ録画で撮っていたことから。

シュントくんやジュノンくんから「ボイスメモにすればよくない?」と突っ込まれていたんです。

本当に電子機器に弱いかどうかは分からないのですが……もしかしたらちょっと天然なところがあるのかもしれませんね。

RUI(ルイ)くんへの思い

BE:FIRSTのメンバーとも、そして、THE FIRSTに参加したメンバーとも強い絆で結ばれているというSOTA(ソウタ)くん。

ルイくんにはオーディション審査の最中、パフォーマンス後にカメラの前で「歌を褒めてもらった」と感謝の気持ちを伝えています。その気持ちをあえてカメラの前で話すことで「本人だけでなく、みんなにもSKY-HIさんにも視聴者の皆さんにも伝えたかった」と語っています。

ルイくんは残念ながらその時には脱落してしまっていたのですが、そういったメンバーにも声をかけ感謝をきちんと伝えているところに、SOTA(ソウタ)くんの人柄を感じますよね。

RAN(ラン)くんとのかかわり

実は、オーディション前は「SOUCHIN」というダンサーネームで活動をしていたSOTA(ソウタ)くん。

ランくんもオーディション前は「RANKICHI」というダンサーネームで活動しており、実は2人はオーディション前からダンサーとしてお互いを知っていたのだそう。

本名は知らなかったものの、ダンサーネームを知っていたのだそう。

オーディション前からも話題になるほど、2人ともすごいダンサーであったことが想像できます。

【BE:FIRST】SOTA(ソウタ)くんのプロフィールをご紹介しました!

(出典:pixabay

BE:FIRSTのトップダンサーともいえる、SOTA(ソウタ)くん。

今回はそんなSOTA(ソウタ)くんのプロフィールや経歴などをご紹介しました。

メンバーからも愛され、また、ファンからも愛されるSOTA(ソウタ)くん。

今後も、BE:FIRSTとしてはもちろん、さまざまな活躍をしてくれることでしょう。SOTA(ソウタ)くんのこれからの活躍にも、期待です!

BE:FIRSTカテゴリの最新記事